ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

機体研磨完了まであと少し

   

ポリ樹脂やパテを積層するに当たって埋もれていたリンケージパイプの開口部(尾翼部)をピンパイスで穿孔し直しました。
その後、ホルツのサーフェーサーを噴霧して微細な凹凸を把握し、瞬着で埋めて研磨を繰り返します。
まだら模様のサーフェーサーとポリ樹脂の層を通して、水分を含んでうねりや変形を生じた機体表面の様子が見て取れます。
ホントはもっとキレイな見た目に仕上がるはずなのですが、余計なことをやり過ぎてしまったのでしょう・・
とはいえ、触診の結果、もうほとんど凹凸は認められず、見た目の汚さとは裏腹に、極めてなめらかに仕上がっています。
指先でコンコンと叩くと、もはやバルサの表面ではなく、ポリ樹脂が十分浸透しているようです。
あと2回ほどニスやサーフェーサーを噴霧して研磨すれば、機体の表面処理は完了の見込みです。
最終的な機体表面の仕上げはフィルムではなく、グロスホワイト辺りでの塗装処理になろうかと思います。

 - ミニモア400, ラジコン飛行機製作/運用記録 ,