ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

主尾翼マスキング前作業

   

胴体と主尾翼の塗装前に、エルロンサーボコードの導線となるサフランひもを主翼内に通します(写真上段)。
この作業には、サーマルブログのこの記事が参考になります。
導線のガイドとなるアンテナパイプを通すだけなら意外にスルッと入るのですが、パイプ先端をエルロンサーボ収納部に引っ張りだすのにややコツを要します。
アンテナパイプを少し抑えながら、鈎状に曲げたピアノ線(写真中段)で引っ張り出しました。
その後、サフランひもをパイプ先端に瞬着どめして引っ張り出して、サーボコードの配線準備完了となります。

次に、エルロンサーボカバーを切り出します(写真下段左)
カバーの段もパーツの一部のように見えますが、これは余白のようです。
曲線バサミで、右の要領で平らにカットしました。

あと、キャノピーの塗装ですが、全体をグレーに塗って人形の塗り分けを考えていました。
しかしそれだと人形の塗り分け時に暗く仕上がることが懸念されたため、人形をマスキング液でマスキングしておくこととしました。

次回から主尾翼のマスキングに入る予定です。

 - ミニモア400, ラジコン飛行機製作/運用記録 ,