ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

カッティングプロッター導入

   

ミニモアの主翼マスキングを手でシコシコカットしていたのですが、サーマル工房の作例のような手作業ではムリと判断。
そこで今回、時間の節約、デザインの自由度の高さ、精密さ、シャープさ、統一的な仕上がり、品質確保等のため、カッティングプロッターの導入に踏み切りました。
以前からマーキングの作成用にカッティングプロッターの導入を検討していましたが、なかな購入までには至らず・・
感想ですが、もっと早くから購入しておけば良かった!と思います。
さすがに40過ぎると購入の感動はなく、使い方覚えるのが億劫ではありますが・・
効率的なデータ作成の手順はこれから勉強しますが、今回は成り行きの下記手順にて切り出しました。

【写真上段左】
カッティングプロッター本体。

【写真上段右】
スキャナーで尾翼の原寸大をスキャン。
イラストレータでマスキングエリアのパスを描画。
データはAutoCADの形式で書き出し。

【写真下段左】
Illustratorで作成したデータをプロッタ付属のソフトに読み込ませます。
寸法等に問題なければプロッタにデータ送信、カット。

【写真下段右】
マスキング成果物。
素晴らしい!
現物に寸分違わない仕上がりです!
コピー紙で4枚作成し、スプレーのりを吹き付けてマスキング予定です。
これで一気にミニモア完成まで突き進めることでしょう!

 - ミニモア400, ラジコン飛行機製作/運用記録 , , , , ,