ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

機体側の最終調整等

      2018/09/17

機体側のリンケージ、サブトリム調整を完了。
来週中にフライト準備が整う予定です・・

【写真1、2】
長浜海岸の大御所気取りのクソオヤジから供与されたパソコンのアダプターを改造したケチ臭いAC電源を長いこと使用していましたが、大容量バッテリーには力不足であるため、廃棄。
代わりにAC電源のタッチパネル式充電器を導入。

【写真3】
重心位置を確定。
完成後にバッテリーや空撮機材を搭載し、やや前重心になるよう調整することとします。

【写真4】
機体内主翼前部の位置にアンテナが直交となるよう設置。
アンテナは傷みやすいのでプラパイプに通し、アンテナホルダーで固定。
なお、リモートアンテナは機首辺りに設置予定です。
これで電波到達上の死角は理論的に存在しないはずではあります・・

【写真5~7】
モーターマウント周り。
写真5の通り、モーターマウント基部は空洞で材質も脆弱です・・
このため、写真6の状態で金属プレートを貼り、強度確保する予定です。
写真7のキット付属のペラで試験飛行の予定です。
一応、同じような仕様のスローフライペラも準備してあります。

【写真8、9】
尾翼系リンケージ確定。
8がラダーで、9がエレベーターです。
一応取説の要領を基本に取り付けます。
ただし、サーボとサーボホーンを変更したので、無理のない合理的な位置を模索しつつ、写真の位置に確定。

 - Volantex Ranger 1600 V757-7, ラジコン飛行機製作/運用記録