ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

主翼加工続き

   

今回、主翼上面プランクを完了の予定でしたが、前回に引き続きチマチマ加工が続きます・・

写真右下は上面プランク材裏側ホーン穴の辺りです。
補強材W37パーツですが、取説ではLINE1本下に取り付けるよう図示されており、このまま取り付けました。
しかしコレは誤りで、写真の二本ラインの上に取り付ける必要があるようです。
(そうしないとラインの厚みだけズレる)
仕方ないので、バルサの切れ端で小片を切り出し、写真の要領で取り付けました。
なお、このままではW37の傾斜角が本来の位置よりズレるため、少し削って調整しています。

写真左下は、カンザシガイド部分にエポキシを充填した様子です。
ハミ出しもなくキレイに充填できました。
また、 表面張力により割と平滑に仕上がっています。
これだけでダイソーのエポキシ1セット丁度消費しました。
なお、取説ではカンザシガイド上面のプランク材に薄くエポキシを塗布して補強する旨記載してあります。
この作業に際しては、ラッカーシンナーでのばして塗布することによりエポキシのバルサへの浸透を促し、滑らかに仕上げることが出来ます。

写真上は、チャンネル材とL字アングルを使った上面プランクの演習の様子です。
要領的にはこんな感じだと思いますが、上面を上から押さえてみると、プランク材がリブに密着せず、たわんでいる感じがします・・
接着には木工ボンドを使用予定なので、キリ吹きで湿らせてリブに密着させる方法など、いろいろ検討したいと思います・・

 - SERA DS-X, ラジコン飛行機製作/運用記録