ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

エルロンの装着等

   

【エルロンヒンジ関連】
結局、エルロンの湾曲を補正できませんでした・・
仕方ないので、ヒンジを少しキツめに接着することにより矯正をおこないました。
そのしわ寄せで多少いびつな感じになりましたが、目見当で確認しないと分からない程度なので、実用上問題ないかと思われます。

なお、エルロンと主翼とのクリアランスはほとんど取らず、エルロンの可動域は5度程度に抑えられています。
また、エルロンを取り付ける主翼後縁部の厚さがほとんどないため、ヒンジ位置にバルサで裏打ちしています。
このあと、脱落防止のためポリ樹脂を流し込んで確実に固定・補強します。

【エルロンサーボの選定】
エルロンサーボは定番のCS/DS-929MG/939MG辺りを考えていましたが、ウイングサーボCS-239MGを使ってみることにします。
予定していたサーボよりやや重いですが、飛行性能に影響するほどのものでもないでしょう。
ネジ穴が横置きなので、簡単なサーボベッドを設けることにより、簡単に設置できるメリットもあります。

サーボの取り付け位置となる主翼上面は、バルサでプランクしました。
ついでなので、ポリ樹脂を裏塗りして強度を上げておきたいと思います。

 - スカイカンガルー2号機, ラジコン飛行機製作/運用記録