ピンポンパンブログ

福岡市 ラジコン飛行機クラブ

*

キャノピーの切り出し

   

キャノピーとシートを合わせ、接合線をマジックで書き込みます。
次いでキャノピーを曲線バサミで切り出しますが、ギリギリにカットしないでライン一本分の余裕を残しておきます。
曲線バサミは少しずつしかカット出来ないので、慣れないうちは使いづらい気がします。
しかしながら、余計なところを切り過ぎたりすることもなく、ライン通りにキレイにカット出来るので、使い慣れればこの作業には打って付けのツールといえます。

写真は機体に装着した様子です。
このままでも大きさにほぼ問題なく、また、接合部の隙間もほとんど見受けられず、ほぼピッタリ収まりました。
ネオジウム磁石とキャノピー受けとなるカーボン製のダウエルで固定しますが、それでピシッとハマることでしょう。
ちなみに、キャノピーの透明パーツはポリカーボネイト製ではなく、スチレン樹脂っぽいです。
ラッカーシンナーでマジックを消すと白く曇るので、ベンジンで落とす必要があります。

 - ミニモア400, ラジコン飛行機製作/運用記録 ,